贄の町新聞
戯画

  • 戯画01滞在
  • 戯画02帰還
  • 戯画03帰還
  • 戯画04帰還
  • 戯画04帰還
  • 戯画06滞在





日天
「おっと」

アイスを持っていない方の手に、冷たいものが落ちた。
まだ食べ始めたばかりなのに、やけに溶けやすいな。

日天
「んっ?」

黒い。アイスの色じゃない。
なんなのかよくわからない黒い液体が、
俺の手に付着していた。

なんだ? どこからか汚れた水でも
落ちてきてるのか?
そう思って、何気なく頭上を見上げた。

そこに――いた。

不気味な骸骨のような顔が、
俺の背後から乗り出すようにして覗き込んでいた。

黒い涎が、落ちる。
もう一度俺の手にぼとりと落ちて、
生肉が腐ったような悪臭を漂わせた。

『死ニ、タ、クナイ』

耳の奥で何かが聞こえたような気がした。