贄の町新聞
戯画

  • 戯画01滞在
  • 戯画02帰還
  • 戯画03帰還
  • 戯画04帰還
  • 戯画05帰還



次へ


日天
「あ……

キスをされた。

すごく軽いキスだったけど、
あすくはそれを何度も繰り返して来た。

日天
「ちょっ……あす……

何度もキスしてくるから、上手く喋れない。
でも、あすくはそんな俺を見て笑っていて、
ほんの少しだけ頬を赤く染めた。

あすく
「俺、日天の事、ちゃんと思い出せて良かった。
日天も覚えててくれてありがとね」

日天
……こちらこそ」

あすく
「俺は、宿にいた頃とはちょっと違うけど、
それでもあっちでのことは全部覚えてる。
ちゃんと覚えてるんだ」

あすく
「日天への気持ちも、忘れてないし変わってないよ。
今でも……好きだよ」

日天
「俺も……

好きだ、と返そうとして言葉に詰まる。
本当にそれを口にしていいのか。
あすくの足を引っ張ることにはならないのか。

駅前で会った前田という男の言葉を思い出して、
それ以上何も言えなくなってしまった。